報恩講「大根焚」~了徳寺の限定御朱印

コスモス
スポンサーリンク

世界文化遺産 仁和寺
世界文化遺産 仁和寺

世界文化遺産「古都京都の文化財」
世界文化遺産「古都京都の文化財」マップ 苔寺 西芳寺の御朱印 金閣寺の御朱印 舎利殿・石不動尊 銀閣寺の御朱印 観音殿 ...

その仁和寺から…
北西へ徒歩圏内に所在するのが…

法輪山 了徳寺
桂の木を彫って聖徳太子が自ら造り、応仁の乱後に安置されたと伝わる阿弥陀如来像を御本尊とする寺院です。
法輪山 了徳寺
法輪山 了徳寺
法輪山 了徳寺

今回が初参拝ですが、
その一番の目的は…

スポンサーリンク

報恩講「大根焚(だいこだき)」

毎年12月9日と10日に行なわれる行事で、3,000本の青くび大根を炊いて振舞われる京都の冬の風物詩の1つ。
報恩講「大根焚」~了徳寺
報恩講「大根焚」~了徳寺
報恩講「大根焚」~了徳寺

自然とほっこりする味わい☆
報恩講「大根焚」~了徳寺
報恩講「大根焚」~了徳寺
報恩講「大根焚」~了徳寺

ちなみに了徳寺は、鎌倉時代から続く大根焚の発祥の寺とされており、大根焚寺の通称で親しまれています。

報恩講「大根焚」について
鎌倉時代の建長4年(1252年)、浄土真宗の開祖である親鸞聖人が愛宕山中の月輪寺に師である法然上人の遺跡を訪ねた帰りに了徳寺を訪れ、村人たちに教えを説きました。その教えに感銘を受けた村人たちがお礼に塩炊きの大根を馳走しました。 親鸞聖人はそのもてなしに応え、すすきの穂の束を筆代わりとして、鍋の残り煤で「帰命尽十方無碍光...

そして、もう1つの目的が…

12月9日・10日限定御朱印「大根焚寺」

報恩講「大根焚」~了徳寺の限定御朱印

大根焚寺 了徳寺

#了徳寺 #大根焚 #大根焚寺 #御朱印 #限定 #京都

タイトルとURLをコピーしました